Crumb + Locket / Crumb (LP+MP3)

¥ 2,640 税込

商品コード: RC-224

関連カテゴリ

  1. INDIE ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多分、誰もが聴いたことある曲が収録されているんだけど、Spotify上で1100万回ストリーミングされているようで。勝手におすすめに出てくるけど、名前知らないなー、まあ、いっか。でなくて、レコードを聴いてくれ!

と声を荒げたくもなります。こうやって、ただただ消費されていってしまうのです。そんなのいやだ!レコードを買ってくれ!


アメリカはブルックリンの4人組、Crumbの2018年リリース作。2017年リリースの「Locket」と「Crumb EP」の両方をひとつにまとめた編集盤です。

サイケデリック・インディーロック、メロウ、ジャズ...どの言葉も当てはまるのだが、どの言葉も当てはまらない。ギターヴォーカル、ベース、シンセ・サックス...各メンバーの巧みなテクニックも光りまくって、この手の音楽が好きなリスナーにはドンピシャでしょう。

めちゃくちゃにトリップしているかのような、というかトリップしている「Locket」のMV、わたしはこの映像が大好き。なんども観ているとちょっと気持ち悪くなるけどそれが良い。これはカセットテープすらドロドロに溶けて見えるほどの感覚。

そして「Thirty Nine」はイントロからもうレースは始まっていて、全ての音は2:10あたりからのインストパートのためにある。そう、全てはアウトロのこの高揚感のため。

リリース元はCitrus City Records。だが、彼らもまたレーベルに所属しているというわけではなく、カナダのMen I Trustのように、DIYでやってのけるマインドがある。それも人気の理由の一つかもしれない。

Tracklist:

Bones 3:13
Vinta 4:59
So Tired 3:38

Plants 3:11
Recently Played 2:00
Thirty-Nine 4:39
Locket 5:18