Classical Notions Of Happiness / Jordana (LP)

¥ 3,300 税込

商品コード: RC-215

関連カテゴリ

  1. RESTOCK
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女を一言で語ろうとするならば、それは辞めておいたほうが良い! 
 
カンザス州のインディーポップ・アーティストの2020年発売、デビューアルバム。Grand Jury Musicと新たにサイン。ニューシングル「Signs」を含む3曲の新曲を追加したリマスターとしてリリース。 

レコーディングも、プロデュースも全て自分。正真正銘のベッドルームポップである。

「Calvary」のアウトロ、サウンドレスで、歌声だけを重ねた美しいエンディング。シンプルなビートがループする「Sway」ではHomeshakeのような力の抜けた気怠さもあり、耳心地がとても良いです。 

ウクレレを弾き、ギターを使い、シンセを使い、スポークンを交え...これでもかというほどに様々な可能性を試しているところが、とっても良い。 

10代の頃、Death Cab for CutieやColdplayを聴き、その後、インディー方面ではFloristやFrankie Cosmosまで、バックグラウンドには様々な音楽性がある。 

インストを挟んだり、敢えてギターソロだけのアウトロにしたり、そういうところに玄人さを感じてしまう。 
 
今後、エクスペリメンタル方面に行くのかもしれないし、ポップ方面に行くのかもしれない。次回作は、どんな風に出してくるだろう?と、彼女の音楽の行く末を早く知りたくなるような作品だ。

Tracklist:

A1 Remembering U
A2 Jackie's 15
A3 Intrusive Thoughts
A4 I Wanna
A5 Interlude
A6 Canvas
B1 Calvary
B2 What Were You Thinking?
B3 Losing It
B4 Weight Of The World
B5 Sway
B6 Signs
B7 Crunch