お部屋にお気に入りのCDたちを。CD用壁掛けフレームのご紹介。

皆様、こんにちは!
今回はアメリカのCollectorMount社のCD用壁掛けディスプレイ商品をご紹介します。CDやレコードを飾るのって、壁にたくさん穴を開けなきゃいけなかったり、木材を組み立ててトンカチでやらなきゃいけないよなーと思われがちですが、そんな手間暇いりません。付属の調節ねじで、簡単に幅を調節、画鋲ひとつ準備すれば簡単に壁にお気に入りのCDを飾ることができます。 今までにありそうで無かった優れもの。 

Rodentiaでは前から同じCollectorMount社のレコード用のディスプレイ商品のお取り扱いもしているのですが、これがとても好評で。実際に自分でも使っていてよかったので、新たにCD用も仕入れてみました。

手のひらサイズ、コンパクト。ストックしておいても場所を取りません。

おすすめポイント

・透明なプラスチック製なので、アルバムジャケットを隠す事なく自然に、綺麗に飾る事ができます。 
・壁掛け以外にも、組み立て方を変えてスタンド形式でもお使いいただく事ができます。
・長さを調節可能なのでCDでなくとも、大きさによっては文庫本なども飾ることができます。 

自宅に並べて飾ってみました。いくつも並べると、非常に良い感じです。フレーム自体に立体感があるので、影ができ、CDが浮いているように見えることろもgood。また、カフェやレコ屋などお店を運営しているかたにもオススメです。


CDは棚にしまっておくのも良いですが、「コレは!」というものは、どうしても飾りたくなってしまいます。アートワークがよければ、尚更。皆さんもお気に入りのCDを、お部屋に飾ってみてください。

(写真に使っているCDは全てRodentia Collectiveの商品です。よかったらweb shopもご覧ください。http://rodentia-collective.tokyo/shop/)

 

CD Frame Display / (壁掛けCDフレーム)商品ページ:
http://rodentia-collective.tokyo/shop/products/detail/138 

Album Frame Display / (壁掛けレコードフレーム)商品ページ:
http://rodentia-collective.tokyo/shop/products/detail/33 

「もっともっとレコードが好きになる。お気に入りのレコードを、お部屋に飾りませんか?」http://rodentia-collective.tokyo/blog/2018/02/vinyl-accessory/