Veriditas / Helios (LP : Marbled beige )

¥ 2,640 税込

商品コード: RC-70

関連カテゴリ

  1. AMBIENT/ELECTRONICA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノアンビエントのGoldmund、妻Hollieとの夫婦ドリーム・ポップユニットMint Julepなど様々な名義での音楽活動をしているポスト・クラシカル、エレクトロニカ界の超重要人物、Keith Keniff。

彼のもっともエレクトロニカ色の強いプロジェクト、Heliosの2018年最新作。美しいベージュ・マーブル盤。自身のレーベルUnseen Recordsよりリリースされた『Yume』から約3年。今作はテクノやIDM、エレクトロニカ系のアーティストを擁するUSのGhostly Internationalから初めて発売される。

タイトルの『Veriditas』は、ラテン語の「緑(Verde)」「真実(Veritas)」 を合わせた造語。リリース前に公開された「seeming」は、清々しい木々の映像とともに流れる若干の冷たさと無機質ささえ感じるサウンドで、ゆったりとしたエレクトロニカを鳴らし、人間の体温すら感じるような前作『Yume』とはまた違った印象だった。しかし3曲目の「Dreams」では、ピアノをベースとした、これぞHeliosといったアンビエント・トラック。前作のアルバムタイトル『yume』と関係祭があるようにも思える。だが全体的にもこれまでのHeliosの音楽とは明らかに変化している。アートワークもそうだ。

彼は静かな真夜中に、レコーディングをするそうだ。まさしく夜の静寂のように、静かに、繊細に、全編ビートレスで流れ行く本作は、Heliosの作品の中でも最もアンビエントな作品になった。少量入荷ですので、お早めに!

※ダウンロードコード付き

Tracklist:
1.Seeming
2.Latest Lost
3.Dreams
4.Eventually
5.Even Today
6.Harmonia
7.North Wind
8.Toward You
9.Upward Beside The Gale
10.Row The Tide
11.Silverlight
12.Mulier