Someone New / Helena Deland (Cassette)

¥ 1,320 税込

商品コード: RC-187

関連カテゴリ

  1. CASSETTE TAPE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上品さと狂気が混ざった音は、どんな音なのだろう?正直、Helena Delandの飛躍に驚きを隠せない。

カナダ、モントリオールのSSW、Helena Deland約2年ぶりの作品にしてデビューアルバムは、愛とか夢とかそういうものじゃなくて「自己考察」や「他人から見た自分」「ジェンダー」を描いた作品。肖像画のようなジャケットはまさしく自分自身を写す鏡。

2019年にはニューヨークのラッパー、JPEGMAFIAとのコラボレーション曲「Free The Frail」を発表したのが大きなターニングポイント。薄々気づいていたが、一筋縄で語ることのできないアーティストだと確信した。

これまでは、シンプルさが際立つSSWというくくりにいたような気がするが、今作で一気に飛躍した。クラシックなフォークサウンドに畳み掛けるようなビートが真新しい「Someone New」、女性として初めてローマ賞作曲賞を受賞したフランスの天才的音楽家リリ・ブーランジェとナディア・ブーランジェの姉妹愛を独自に考察した「Lylz」。

これまでも作品を出すごとに、その真新しさは一新され、フルアルバムはどんなものになるだろうか?と楽しみでならなかった。

周りから見た「自分」って何?それになろうと必死に努力する。でも、他人からの評価もない自己って何?新しい自分になりたいのか?いや、違う。周りのイメージ通りの自分になりたい?違う。自分自身をみつめること。時には否定的に。

前作から2年の歳月を経た『Someone New』。アメリカのインディペンデント・レーベルFat possumの傘下である
Luminelle Recordingsからのリリース。インディーフォーク・シーンでのとても大きな意味のある作品になると断言できる。

Tracklist:
1.Someone New
2.Truth Nugget
3.Dog
4.Fruit Pit
5.Pale
6.Comfort, Edge
7.The Walk Home
8.Seven Hours
9.Smoking at the Gas Station
10.Lylz
11.Mid-Practice
12.Clown Neutral
13.Fill the Rooms