アイル / haruka nakamura (12inch)

¥ 3,080 税込

商品コード: RC-172

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の音楽家haruka nakamura。2018年、春うららかな春分の日に8cm CDとしてリリースされ話題となった、ミニアルバム『アイル』がアナログ化。

このレコードのハイライトである1曲目「アイル」は、心弾むワルツのリズムがとても印象的。学生の頃、新学期を迎える、あのワクワク感と不安が入り混じるなんとも言えない気持ちをつい、思い出してしまう。知っている人はいるのかな。誰と同じクラスなんだろう、という気持ちと、新しい何かが始まる予感。ヴォーカルは名盤『grace』でおなじみのJanis Crunch。このタッグは本当に良いです。

2曲目「アルネ」は、こちらも『grace』の収録曲「arne」を再構築したものだそう。懐かしさが脳裏を駆け巡る。繋がっていないようで、実は全ては繋がっている。もちろん作詞作曲はharuka nakamura。また、演奏されている楽器全ても本人である。オルガンやミュートピアノの音色は、ぼんやりと頭の中に映像を映し出す。廃校、行ったことも見たこともないのだけれど、埃っぽさとか、軋みとか、しんとした風景が見えてくる。

そして、岩倉しおりによるジャケットやインナーシートの写真に思わず鳥肌が立つ。こんなに素晴らしい季節が、ここ日本にはあるのだと気付かされました。

Tracklist:
1. アイル
2. アルネ
3. 哀しい予感 / リリウム
4. anne(LP限定曲)
5. 廃校のオルガン
6. 君のカノン
7. 讃美歌