trivial agony / eito (CD)

¥ 1,296 税込

商品コード: RC-82

関連カテゴリ

  1. EMO/MATH/POST-ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポストロック、エモ、マスロックなどの良質な音源を取り扱う、名古屋のstiff slack。そこから発足したrawcalorieからの第一弾リリース。レーベルコンセプトは「名古屋~東海圏のオルタナティブバンドのみをリリース、シーンの活性化に携わる」。

名古屋の若手インスト・ポストロック〜マスロックバンドeito(エイト)の初正規音源となる7曲入り作品。2015年作。岐阜県の若手激情ハードコア、マスロックバンドquiquiのメンバーも在籍している。

『trivial agony』、直訳で"些細な苦しみ"と名付けられた本作。マスロックな難解メロディ、ツインギターによる奥行きのあるギターワークがメランコリーさを表現する。リリースされているのは5月なので、アートワークの葉っぱはきっと新緑の葉っぱ何だろうけれど、サウンドやアートワークの色使いから私はなんだか秋の枯葉とか、冬の寂しさを感じました。

どの曲も聴いて欲しいですがピックアップするならば苦しみを描いたように激しく展開されていく『17:00』、グルーヴィな展開がクセになる『perhaps』は必聴です。

Tracklist:
1.slow path 05:04
2.track#2 01:33
3.17:00 05:30
4.perhaps 03:17
5.track#5 01:32
6.implosion 03:59
7.iny 05:21