girl in redが、世界を赤く染める! girl in red 「Beginnings」

ノルウェーのベッドルーム・アーティストMarie Ulvenのプロジェクト、girl in redの2019年編集盤「Beginnings」、こちらは2021年リプレス。ジャケットはリサイクル紙で作られたそう。これまでにデジタルのみで配信していたchapter1とchapter2をひとつにまとめたもの。これは、単なる始まりにすぎない。

北欧の澄み切った透明感を持つインディーポップ、インディーロックサウンドは、紛れもない彼女のアイデンティティ。そして「クィアのアイコンになりたいわけではない」とインタビューで語っていたように、彼女は何者かになりたいわけではなく、これは自身のありのままの音楽。

girl in red – watch you sleep.

ここには、ただ、真実だけがある。素直な感情が。girl in redの歌詞は、特別詩的、というわけではないのだけれど、まっすぐで素直。共感されたいわけでもなく、自分の為にだけ書いた日記のよう。でも、それが結果的に多くの共感を呼んでいる。

girl in red – girls

6月のPride Monthにビデオが公開された「girls」という曲では、彼女が好きな女の子について好きすぎて辛いと歌っているんだけど、最後に”pls love urself!”(Please love yourself)自分自身を愛してね!というメッセージがある。他の人を愛すること以前に、まずは自分を愛そう。

girl in redの音楽を聴いていると、北欧の透明感のあるサウンドはもちろんなんだけど、とにもかくにも自分自身を愛すること、について気付かされます。自己愛は、とっても大事。

そして、このことは私が敬愛しているRPDRのル・ポールも言っています。「”If you can’t love yourself, how in the hell you gonna love somebody else?」(自分を愛せずして、一体どうやって他人を愛すことができると言うの?)と。私も、自分をもっと愛したい。

サウンドだけ切り取ったら、もしかしたら所謂ベッドルーム・ギターポップにすぎないのかもしれない。だが、これらの感情をむき出しにしたgirl in redのアンセムは、永遠に響き渡るだろう。

Beginnings / girl in red (LP:Red)の商品ページはこちら 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク